イベント

九州放送機器展 2024

九州放送機器展 2024

会期 2024年7月17日(水)・18日(木)
会場 福岡国際センター
ブースNo.N101

公式サイト https://www.q-kikiten.com/

イベント概要

主なIP映像制作対応の出展製品
・IP制作環境における音声モニタリングを支援する ST 2110対応オーディオモニタ AM-3829
SMPTE ST 2110-30に対応した新しいオーディオモニタです。
SDI、MADI、AES、アナログインターフェースを搭載し、あらゆるシーンでの音声信号監視を実現します。
音声のIPゲートウェイとしても使用可能です。

・IP制作環境におけるライブ制作を支援する SRT伝送装置 TR-5004
SRTプロトコルによるHD映像の伝送に対応した伝送装置です。
コミュニケーションのための送り返し、リターン、タリー、インカム、カメラ制御信号の伝送に対応し、円滑なライブ制作を実現します。AVC/HEVCハードウェアコーデックを搭載しています。

・IP制作環境に対応した TSマルチプレクサ CX-5548A/CX-5548A-HF
Standard MUX、EasyMUX、TS over IPの3つのオプションを選択して機能を拡張できるTSマルチプレクサです。
1Uサイズ・電源二重化対応のCX-5548Aと、1UハーフサイズのCX-5548A-HFをラインナップしています。

その他の映像関連製品
・透過型ディスプレイを用いた立体表示システム
透過型ディスプレイの向こうに更にディスプレイを配置することで、今までになかった新しい映像表現を体験いただけます。
6月の弊社プライベートショーで初披露し、お客様アンケートでも大変関心の高かった立体表示システムの展示を行います。

・マルチメディアスキャンコンバータ MC-2087
スタジアム、公営競技場、災害対策室などで数多く実績のあるMC-2085/2086の上位機種です。
近年、高精細化しているLEDビジョン、大型サイネージに最適な映像合成/拡大装置の展示を行います。
高い信頼性と実績を誇るMCシリーズの最新機種で、高精細な映像素材を同時に表示する際に威力を発揮します。

イベントレポート

このページのTOPへ