製品概要

MC-2087は8K信号入出力可能な映像合成/分割装置です。
入力映像信号のシームレススイッチング、I/F変換、スキャンコンバート、映像合成、切り出し表示が可能です。
入出力インターフェースはスロット形式となっており、最新規格のコネクターに対応します。
8K信号で入出力:最大16系統、4K信号で入出力:最大64系統の信号処理が可能です。
複数連結させることにより、16K超の映像にも対応できます。
競馬場や競技施設の大型LEDビジョン、商業施設の大型サイネージ、災害対策室や監視センター、役員会議室等で複数の映像素材を同時表示する際に威力を発揮します。

特長

● 内部BUS映像領域【8K×2面】に対応し8K信号をDot-by-Dotで処理可能
● 独自ズームアルゴリズム/動画検出対応IP変換アルゴリズム採用(10bit 演算処理)
● EOTF/OETF対応
 入力chごとにSDR⇔HDR変換(将来的に3D-LUT対応予定)/ITU-R BT.709⇔ITU-R BT.2020 変換
● 4K 120p等のハイフレームレート信号に対応
● 入力信号分配機能
● KEY合成/フェード合成機能
● 映像回転機能(オプション対応)
● Webブラウザ設定(MC本体が無くても独立して設定可能)
● フロント表示管に簡易モニタリング像表示可能
● 複数連結制御可能
● 筐体サイズ:4U/ IFボード:最大8枚実装可能
● FANユニット/ 電源ユニット交換可能

インターフェースボード

・MC-2087-1S:12G/3G/HD-SDI対応入力ボード
・MC-2087-2S:12G/3G/HD-SDI対応出力ボード
・MC-2087-1H:HDMI2.1/2.0対応入力ボード(2022年1月リリース予定)
・MC-2087-2H:HDMI2.1/2.0対応出力ボード(2022年1月リリース予定)

第2フェーズ以降
・DisplayPort1.4対応入出力ボード
・IP対応入出力ボード  

このページのTOPへ