イベント

InterBEE2017

InterBEE2017

会場:幕張メッセ
会期:2017年11月15日(水)~17日(金)
ブース:ホール3 [3315」
シャープ株式会社:InterBee2017特設ページ
公式ホームページ

イベント概要

★本年度のInterBEE2017(国際放送機器展)は、シャープ株式会社様と共同で出展いたします。

 InterBEE2017アストロデザインブース、今年は「8Kへの道はここにある」を総合テーマとして、シャープ株式会社との
共同出展でお届けします。8K映像制作における撮影から上映まで、すべての分野において製品をとり揃え、
皆様のご来場をお待ちしております。

8K
スタジオ
 先ごろ発表されました、世界で初めて8K(60p)映像の「撮影」「収録」「再生」「ライン出力」が可能なカメラ/記録部一体型の業務用8Kカムコーダー<8C-B60A>。8K映像関連技術を有する当社の技術協力で開発されました。
 本コーナーでは、三脚固定スタイルとENGスタイルそれぞれの展示を行い、カメラから出力される映像を、70インチモニターでご確認いただけます。
 ステージ上では、和をテーマにした華やかな演出を予定しておりますので、そちらの方もご期待ください。

業務用8Kカムコーダー<8C-B60A>
 
ノンリニア編集
 8K映像制作において、撮影とともに重要な工程であるポストプロダクション。従来の「遅い」、「重い」、「動かない」といった8K編集のイメージを払拭する、パフォーマンスに優れた編集機「HDWS-8K」を、グラスバレー株式会社の協力で出展します。
 8Kデータを扱っているとは思えない、快適な作業環境をぜひご体感ください。
8K編集機
 
8Kデータ転送装置
 
LTO-7 8Kバックアップ装置
 
リニア編集
 撮った映像を素早く編集したい。そのような要求にお応えすべく、このコーナーではいわゆるABロール編集、8K版リニア編集について展示します。
 
8K SSDレコーダ
 
映像監視
 広い範囲、膨大な情報量を一度に撮影できるという、8Kの特長を活用して、必要な部分だけ抜き取り、加工などの画像処理技術と組み合わせることで、セキュリティ分野への新たなアプローチを提案します。
 当社のマルチウィンドウプロセッサにタッチパネルやジョイスティックなど、人にやさしいUIを組み合わせることで、使い勝手の良いシステムとしました。
マルチウィンドウプロセッサ
 
非圧縮伝送
 インターネットを経路とする映像伝送の国際規格であるSMPTE-2110。放送業界においても、IP技術を積極的に活用しようという動きが盛んになってきました。
当社では、非圧縮8K伝送装置を開発。中継現場から放送局、またパブリックビューイング会場などの遠隔地に、高精細8K映像をリアルタイム伝送することで、臨場感あふれる映像空間を再現します。
 
CG
 リアルとCGの融合。スポーツ中継やニュース番組など、テレビではすっかりお馴染みの映像演出ですが、これを8Kでやりたいというのが当社の思いです。そのためには、超高速画像処理が可能なハード/ソフトの開発が必要です。
 そこでまず、当社ではCG技術を活用した8K解像度上で動くバーチャルミュージアムを開発しました。
 まるで、本物の絵画がそこにあるような実物感をお楽しみください。
8Kバーチャルミュージアム
 
信号変換
 8K DualGreenから8K CbCr422、8K CbCr422から8K RGB444、3G-SDIから12G-SDI、12G-SDIからU-SDIへとフォーマットやインターフェースが進化を続ける8K。
 異なるフォーマット、インターフェース間の変換を要求されるシーンに、当社が開発した豊富なコンバーター製品群がお応えします。
8Kクロスコンバータ
インターフェースコンバータ
 
シアター
 このたび新開発しました8Kプロジェクタ「INSIGHT LASER 8K powered by ASTRO(ロゴ)」により、8Kコンテンツを300インチ大画面で上映します。
 大画面で明るい8Kを、という要求に応えるべく開発した、8Kレーザープロジェクタ。臨場感あふれる大画面と圧倒的な高輝度を、ぜひこの機会にご堪能ください。
8Kレーザープロジェクタ
 
4K/HDR
 8Kと同じく、4K放送も来年の開始を控え、急ピッチで準備が進められています。4K番組制作の現場で求められる、HDRとSDRの両立というテーマに対して、ダイナミックレンジ、色域、解像度を切り口に、さまざまな製品を出展いたします。
4Kコンバーターボード
 
MMT
 「コンテンツ検証」「受信機検証」の2コーナーを設けて、2018年12月からスタートするBSと110度CSによる4K・8K放送に向けた検証環境をご提案します。
 当社のMMT-MUX・TLV-MUXで、コンテンツ検証系統が構築可能です。
MMTレコーダ&プレーヤ
TLV/MMT変換アプリ
 
MTF
8K、4KなどUHDTVの最大の特長である空間解像度を表す指標として、MTF(Modulation Transfer Function)があります。
 MTFは、空間解像度特性の信頼できる指標として、カメラ、レンズの開発や撮影現場など、さまざまなシーンで活用することができます。
 このたびアストロデザインでは、日本放送協会様の協力のもと、リアルタイムMTF測定装置IP-4030を開発しました。
リアルタイムMTF測定装置
 
HDMI
 8K/4KやHDRなどの新しい技術に対して、HDMIをはじめとするデジタルインターフェースもそれらに対応すべく進化を遂げています。解像度や画像を自由に設定できるデジタルビデオ信号発生器、映像信号に付属するさまざまなパラメータを解析するHDMIアナライザなど、アストロデザインのHDMI製品群をぜひご覧ください。
デジタルビデオ信号発生器


【アストロデザイン株式会社】
※出展情報の詳細は、下記の画像を「クリック」していただくとPDFファイルで表示いたします。

InterBEE2017

InterBEE2017

イベントレポート

このページのTOPへ