製品概要

HDMI 2.1信号FRL(最大12Gbps/4Lane)とTMDS対応のソーステスターです。
PC経由で制御や各試験項目をコマンドで設定し、ソースDUTの計測・解析が可能です。
生産ラインや品質管理部門における自動検査を実現します。

特長

●シンク機能
ビデオ/オーディオタイミング、InfoFrame計測、HDCP 1.4/2.3の認証処理、EDID/SCDCの通信解析が可能。
非圧縮では最大8K/60p YCBCR 4:2:0や4K/120p YCBCR 4:4:4の映像信号に対応。
圧縮(DSC)では最大8K/60p YCBCR 4:4:4の映像信号に対応。

●検査機能
内蔵パターンと入カパターンとの比較により、ビット落ちや色欠陥等プロトコル部の測定、FRLリンクトレーニングの自動検査にも対応(比較検査は4K/60pまで対応)。
入力信号のパケットデータが、予め設定した期待値と一致しているかの確認が可能。
入力された音声信号が、予め設定した許容値内に収まっているかの確認が可能。

●ソース機能
CTA-861-G、VESA Display Monitor Timing(DMT)に準拠した映像信号出力に対応。
送信するInfoFrameの各パラメータを設定することが可能。

●外部制御
LAN、USB-TypeB、RS-232Cによる測定結果やパラメーター設定等コマンドの送受信に対応。
コマンドの組み合わせにより、オリジナル制御ソフトウェアの開発が可能。

●結果・ログ保存
USBフラッシュメモリに解析データとテストログの保存が可能。

<比較検査の合否判定について>
カラーパレットから内部映像パターンを作成し、入力映像パターンとの比較により検査を行います。
エラーピクセル値と色を(X,Y)座標とともに表示し、AとBの差を解析。
カラーパレットは16色、比較する色情報のパターンは3ライン分まで登録が可能です。

仕様

HDMI入出力

映像 ドットクロック

TMDS 25MHz~2376MHz、FRL 3G3L/6G3L/6G4L/8G4L/10G4L/12G4L

カラーフォーマット RGB, YCBCR 4:4:4/4:2:2/4:2:0*
*YCBCR4:2:0は映像データの比較検査には非対応
映像データビット数

8,10,12 bit

音声 サンプリング周波数 32kHz~192kHz (L-PCM 2~8ch)
フォーマット IEC 60958、61937
データ分解能 16、20、24bit
EDID Ver.1.4(DDC2B)準拠
HDCP Ver.1.4/2.3 準拠
ポート数 2入力 1出力*
*2入力同時の場合はどちらか1入力を選択

外部制御

USB Type A USBフラッシュメモリーの接続に使用します。
※USBフラッシュメモリーは付属しておりません
Type B コンピューターと接続しターミナルコマンドによる制御を行います。
LAN コンピューターと接続しターミナルコマンドによる制御を行います。
RS-232C コンピューターと接続しターミナルコマンドによる制御を行います。

一般仕様

電源電圧 AC 100-240V
消費電力 48W MAX
動作温度範囲 0~40℃
動作湿度範囲 20~80%RH(結露なきこと)
外形寸法 270(W) x 44(H) x 270(D) mm(突起物含まず)
質量 約2.0kg
このページのTOPへ