製品概要

近年増えてきた高速伝送ケーブルの伝送特性を容易に測定できるテスターです。
ケーブルをループ接続することで、その伝送特性を容易に評価することができます。
HDMI 周波数特性モジュールは、マスターケーブルとの特性比較や、ユーザーが設定した基準値で合否判定することで、HDMIケーブルの開発や生産ラインでの活用が可能です。
本体フロント画面では伝送特性の波形表示が確認できるほか、PCアプリでも操作可能です。
ケーブルの開発現場や生産ラインにおいてご活用頂けます。

特長

CT-1860 ケーブルテスター(本体)

・パフォーマンスモジュールを入れ替えることで、各種ケーブル測定に対応
(新モジュールの予定:ケーブル遅延測定、HDMI アイパターン測定、DisplayPort/USB-C/LAN周波数特性)
・本体フロントLCDと操作部を使用し、測定結果の確認や保存。周波数特性のグラフィカル表示
・PCアプリケーション(SP-1860)からの制御(LAN接続)と測定結果の確認・保存
・4端子網のSパラメータ(S21)の測定表示に対応

 PM-1860-H1 (HDMI周波数特性モジュール)

・各TMDSラインの伝送特性評価 (AOC 、メタルケーブル)
・出力振幅の変更が可能
・100MHz~15GHzの広帯域測定(HDMI2.1 FRL 48Gbpsが測定可能)
・コントロール信号 (DDC/HPD/CEC等)の結線チェック、電圧測定
・+5V出力ラインの電圧、電流値の測定
・AOCケーブルのCABLE IDチェック
・キャリブレーションケーブル(CA-1860-HDMI) (オプション)

CT-1860は単独では動作しません(パフォーマンスモジュールが必要です)

CT-1860フロント画面表示(HDMI周波数特性モジュール装着時)

フロント画面では、画面を切り替えることで、設定画面、周波数特性、TMDSラインやコントロール信号の確認ができます。

PCアプリケーション画面(HDMI周波数特性モジュール装着時)

PCアプリケーションでは、一画面で周波数特性、TMDSラインやコントロール信号の確認ができます。

一般仕様

CT-1860  
電源電圧 AC 100V-240V 50/60Hz
消費電力 47W MAX
外形寸法 210(W)×88(H)×235(D)mm (突起物含まず)
質量 約2.1kg(ユニット、突起物含まず)
外部制御 LAN、TRIGGER
PM-1860-H1  
電源電圧 DC +12V(専用DCアダプタ付属)
消費電力 18W MAX
外形寸法 132.8(W)×35(H)×132.8(D)mm (突起物含まず)
質量 約0.5kg
外部制御 USB(CT-1860にマウント時は使用不可)
共通  
動作温度範囲 5~40℃
動作湿度範囲 20~80%RH(結露なきこと)
このページのTOPへ