8Kレンタルプログラムのお知らせ

アストロデザインでは、8Kの可能性を世の中にもっと広く知ってもらうために、このたび2018年6月18日(月)より、8K映像制作機材および編集室のレンタルを開始することとなりました。

8Kをより身近に感じていただきたく、また、新たな価値創造のために、お客様に合わせたシステムをご提案してまいります。

【機材】
8Kレンタル
「製品情報ページ」
8Kカムコーダー 8C-B60A
・8K SSDレコーダ HR-7518/7518-A
・8K モニタ

8K
【編集室】
8K編集8K編集
HDWS-8K / Grass valley                                             HB-7517 / Astrodesign
6TB SSD / Edius9.2 / Astra                                         Data Ingest/Export

7047GR-TRF / Supermicro
10TB HDD / Adobe CC / DaVinci Resolve                                  [  レンタル料:   25,000円/時間 ]

8K
【コンサルタント業務】

納期、完パケフォーマット、収録尺などの条件を考慮し、最適なレンタルプランをご提案します。お気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ方法】
ご依頼、ご相談、問い合わせについては、こちらからお願いします。 →

~すべての映像制作に関わる人々へ~
アストロデザインは、8K映像制作環境を提案する装置メーカーの責任として、撮影から完パケまで、「トータルプロダクションワークフローの最適化」をテーマとして開発を続けてきました。

一方、従来の映像制作環境では、撮影機材を開発する側と、コンピュータ、ワークステーションを中心としたポストプロダクションサイドで、必ずしも理想的な連携が取れているわけではなく、映像の作り手から見ると、「最適化」の観点が抜け落ちていました。特に4Kなど、信号密度が高く、必然的に処理速度の高速化や大容量化が要求されるこれからの仕事においては、重要な課題となっています。

ましてや、究極の映像と言われる8Kにおいては、QCDすべてにおいてお客様の満足と信頼を得るためには、「パフォーマンスの最適化」が最も大きなテーマであると言えます。

我々アストロデザインは、このたび、最適化された8K映像制作ワークフローを世に出すとともに、今後はコンテンツ制作そのものおよびその普及、支援活動にも力を入れ、従来以上にすべての映像制作に関わる人々のお役に立つ展開を図っていきたいと思っております。

~ 今後とも、アストロデザインをどうぞよろしくお願いいたします。 ~

 

このページのTOPへ