企業情報

会社の歩み

1977年2月 電子機器の設計開発会社として東京都大田区田園調布に設立
1979年 世界に先がけてプログラマブルビデオ信号発生器を開発。アストロデザインの技術力を代表する製品としてその後の技術的方向を定めるとともに、会社発展の基礎となる
1980年代前半 この頃からイメージプロセッサ等、画像処理関連機器の開発を開始
1985年 技術力を評価され、日本放送協会(NHK)様からの依頼でHDTV関連機器の開発を開始
1986年7月 業績の拡大に対応し、川崎市中原区に社屋(旧本社)を建設、全部門を移転する
1987年9月 西日本におけるユーザーサポートを目的として、大阪市に関西営業所を開設
1988年12月 米国DSP社の波形解析用ソフトウェアDADiSPの販売を開始
1990年 バーチャルスタジオの基礎となるシンセビジョン(クロマキー用背景連動装置)を開発、販売を開始
1990年 資本金7,200万円に増資
1991年8月 松山R&Dセンター開設
1993年6月 川崎技術センター建設
1994年 MPEGエンコーダを開発、出荷を開始
1995年 世界初のHDTV用デジタルクロマキー装置を開発/販売を開始
1996年3月 IS09001 認証取得
登録番号:JET-0056
1998年10月 岸本R&Dセンター開設
(2005年1月1日 鳥取R&Dセンターに名称変更)
1999年12月 IS014001 認証取得
登録番号:E99-102
2002年3月 東京都目黒区に本社を移転
2005年 愛知万博開催に伴い日本放送協会(NHK)様とスーパーハイビジョン専用映像処理装置を開発
2007年6月 東京都目黒区(本社)・神奈川県川崎市(中原・高津)事業所を統合し東京都大田区南雪谷の現住所に本社を移転
2012年4月 アメリカ現地法「ASTRODESIGN,Inc.」( シリコンバレー)を設立
780 Montague Expressway, Suite 302, San Jose CA 95.31 U.S.A

VG-800
VG-800

(旧本社)
(旧本社)

シンセビジョン
シンセビジョン

(旧川崎技術センター)
(旧川崎技術センター)

鳥取R&Dセンター (旧:岸本R&Dセンター)
鳥取R&Dセンター
(旧:岸本R&Dセンター)

(旧本社)
(旧本社)

本社
本社

北米事務所
北米事務所

このページのTOPへ