映像システム構築

液晶、LEDなどディスプレイデバイスの進化、大型化に伴い、大画面で高精細な映像を表示するシステムが、屋外広告や競技場、またシミュレータやテレビ会議システムといった企業の現場など、多くのシーンで活躍しています。
このようなディスプレイに表示する映像は、カメラ、PC、DVDなどの映像機器から同時に出力されますが、それぞれが異なる解像度、インターフェースを持っているため、これらをスムーズに表示するために必要な映像処理技術、つまりスキャンコンバージョン技術が求められます。

スキャンコンバージョン

映像システムを構築する際には、まず入口と出口、つまり映像信号とディスプレイの仕様を明確にする必要があります。
例えば、大型商業施設におけるウォールディスプレイを例にとると、入口としては
・各商品や店舗などのプロモーション映像
・交通、天気などの情報映像
・イベントなどの中継映像
出口としては、ディスプレイの解像度、インターフェース、などです。
このように、さまざまな異なる映像信号を、スムーズにディスプレイに表示するために入口と出口の間に入って映像システムを完成させるための装置、それがスキャンコンバージョン技術をベースにしたコンバータ製品群です。

切り出し

また演出面も、映像システムにおける重要な要素のひとつです。
たとえば、当社コンバータの切り出し機能と、顔認識や形状認識などの外部ソフトウェア技術とを組み合わせることで、サーベイランス、セキュリティ、またエンターテイメントなど幅広い分野に応用することが可能です。

このように、アストロデザインが持つスキャンコンバージョン技術を元に、これからますます増えていく映像システムの要求にお応えしていきたいと考えております。

製品紹介

  • MI-2100
    MI-2100
    メディアインテグレータ
  • MC-2085
    MC-2085
    マルチビデオプロセッサー
  • MC-2085
    MC-2086
    マルチビデオプロセッサー
このページのTOPへ