信号解析

8K/4Kなどの高精細な映像信号をディスプレイ機器に伝送する際のインターフェースとして、HDMIやDisplayPortなどの規格が提案されています。映像信号の高速化に伴い、このようなインターフェース規格は継続的にバージョンアップされます。こういった中、映像が正しく表示されない、機器どうしの接続がうまくいかないなどのトラブルが発生しがちです。
アストロデザインの高速デジタルインターフェース製品群は、こういったトラブルを未然に防ぐ、あるいはトラブル発生時の迅速な復旧のお役に立てる、さまざまな機能、特長を備えております。

例えば、HDMI2.0、HDCP2.2の機能を備えたHDMIテスターVA-1844A。液晶画面と内蔵スピーカーで映像や音声を確認することができるとともに、豊富なモード設定で、さまざまな映像機器の信号あるいは通信の中身を確認することができます。

2台同期モード

ソース機器、リピーター機器、シンク機器の各々の間にVA-1844Aを繋げると3者間のDDC/CECラインのダイレクトな通信をログで確認することができます。

レシーバーモード

ビデオタイミングの測定、HDCP 1.4/2.2のステータスの確認、SCDCステータスの確認、InfoFrameやPacketの確認、EDIDの設定や対象のシンク機器からエミュレートすることが可能で、各データをログに保存することができます。

ジェネレートモード

ソース機器を想定した動作で最大4K/60p 4:4:4の出力が可能です。

スルーモード

ソース機器とシンク機器の間にVA-1844Aを繋げるとDDC/CECラインのダイレクトな通信を確認することができます。

HDMI端子を備えた映像機器の開発やフィールドサービスなど、幅広い分野でお客様のニーズをサポートします。

関連製品

  • VA-1844A
    VA-1844A
    HDMIテスター
  • VA-1845
    VA-1845
    HDMIソーステスタ
このページのTOPへ