製品概要

WM-3209A/-B/-Lは、放送番組やデジタルシネマなどの制作で使用されるHDTV およびSDTVのあらゆるフォーマットに対応したポータブルウェーブフォームモニタです。ディスプレイ部分には、高視野角・高輝度の液晶パネルを採用した ことで、視認性を高め、小型化・軽量化に成功しました。とかく重く、高価になりがちなHDTV周辺機器において、本機種は機動性や安定性を確保しつつ、最 大のコストパフォーマンスを発揮できるよう新設計を随所に施しております。基本機能として、入力信号の波形表示はもとより、入力映像の確認をリアルタイム で可能にするピクチャモニタ機能、SDI信号に重畳化されたエンデベットオーディオの音声レベルの確認・モニタリング機能も搭載しております。また、 HDTVフォーマット対応が必須とされる地上デジタル放送からデジタルシネマ制作の現場までを多彩な機能と幅広い守備範囲をもって、機動性と柔軟性に溢れ た環境に変化させる最新のアイテムです。

ラインナップ

   
WM-3209A

 

WM-3209A-L
(ID 表示付き)

 

WM-3209A-B
(バッテリー駆動対応)

特長

8.4インチa-Si TFT 液晶パネル採用
多種多様の映像フォーマットに対応
  3G-SDI対応規格 SMPTE425M 規格準拠(2.97Gbit/s SDI入力)
  HD-SDI対応規格 SMPTE292M, BTA S-004B 規格準拠(1.485Gbit/s SDI 入力)
  DUAL LINK 対応規格 SMPTE372M 規格準拠(1.485Gbit/s SDI 入力 2 系統)
  SD-SDI 対応規格 SMPTE259M 規格準拠(270Mbit/s SDI 入力)
  コンポジット入力 (NTSC:SMPTE170M、PAL:ITU-R.BT624-4 一部準拠)
  ※SDI 入力は最大100m のケーブル延長が可能です。
※3G-SDI についてはBelden1694A 相当の100m ケーブルを使用して下さい。
SDI IN(2 系統)、SDI MONITOR OUT(2 系統)、コンポジット入力(NTSC、PAL)
マーカー表示
センターマーカー/フレームマーカー/セーフティーマーカー(95%、93%、88%、80%)
ダウンコンバーター用マーカー(4:3、13:9、14:9)
シネマ用マーカー(2.35:1 シネマスコープ、1.85:1 シネマビスタ、1.66:1 EURO ビスタ)
ユーザーバリアブルマーカー、BOX マーカー、格子状マーカー
上下反転表示機能
多数の表示モード 「表示例」
ピクチャー/ウェーブフォーム/ベクトル/ステータス/音声レベルメーター/ オーディオベクトルモード/位相比較モード/アンシラリ表示モード/マルチ表示/コンペアーモード
コンペアーモード機能
4系統の位相表示機能、およびアラーム機能
ステレオスコピック映像確認機能(アナグリフ方式)
外部制御(接点供給式)でタリーの点灯やプリセットデータのロード等が可能
プリセット機能搭載(最大8 個までプリセットデータのロード・セーブ可能)
入力チャンネルの CRC エラー検出機能
外部制御(PC 等)でID 表示の制御が可能(WM-3209A-L のみ)
バッテリ対応、およびバッテリ残量アイコンの画面表示が可能(WM-3209A-B のみ)
薄型・軽量
このページのTOPへ