製品概要

8K、4KなどUHDTVの最大の特長は、その空間解像度の高さであり、撮像システム(カメラ)の解像度特性が重要です。
空間解像度とは、カメラがどれだけ細かいところまで取り込んで表現できているかという能力を指しますが、空間解像度は画素数と同じではありません。
そこで、様々な空間周波数における応答の大きさを表した指標として、MTF(Modulation Transfer Function)があります。
MTFは、空間解像度特性の信頼できる指標として、カメラ、レンズの開発や撮影現場など、さまざまなシーンで活用することができます。
このたびアストロデザインでは、日本放送協会様のご指導のもと、リアルタイムMTF測定装置IP-4030を開発しました。

システムイメージ図

特長

●リアルタイム測定に対応
 ・ズームレンズなどの焦点距離を変えながらの測定が可能です。
 ・MTFが最適となるF値の探索が可能です。
 ・光学特性とディテール補正・エンハンス補正などの各種プロセスとの総合MTFの測定が可能です。
●多方向の測定に対応
 ・光軸歪みの検出が可能です。
 ・画素構造や各種プロセスによる異方向の検出が可能です。
 ・ROI(Regionb of Interest関心領域)は任意の形状を測定可能です。
●高確度・高精度
 ・平均値処理が可能でランダムノイズの影響を低減します。
 ・フィッティング処理により幾何学歪みの影響を低滅します。
 ・撮像系のエッジ応答をオーバーサンプリング測定できるのでDCからナイキスト周波数以上(折り返し)領域までのMTFを測定ができます。

測定結果の表示


本装置は下記、2文章に記載されているSlanted-edge測定法をベースにした測定アルゴリズムを採用しています。
 ・ISO Standard 12233、"Photography-Electronic Still Picture Cameras-Resolution Measurements," 2000.
  ・ARIB TR-B41テレビジョンカメラシステムの解像度特性測定法 1.0版

仕様

ビデオフォーマット

SDI 解像度 Frame Rate Color Format
HD-SDI 1920×1080 60/59.94i
30/25/24/23.98p
YCBCR 4:2:2 10bit
3G-SDI (LevelA,B) 1920×1080 60/59.94/50p YCBCR 4:2:2 10bit
3G-SDI (LevelA,B) Quad Link 3840×2160 60/59.94/50p YCBCR 4:2:2 10bit

静止画ファイルフォーマット

画像形式 備考
TIFF
グレースケール 16bit
有効bit長10bit 下位6bitは無視されます。
DPX
グレースケール16bit
有効bit長10bit 下位6bitは無視されます。
MAT
グレースケール16bit
有効bit長10bit 下位6bitは無視されます。

対象OSおよび推奨グラフィック環境

OS種別 モニター解像度 メインメモリ容量 推奨グラフィック環境

Windows7/10
64bit版

XGA以上

4GB以上8GB未満

NVIDIA® Quadro® P400以上のグラフィックボード
8GB以上 NVIDIA® Quadro® P400以上のグラフィックボード
CPU内蔵グラフィック機能

PCハードウェア要求条件

項目 内容 備考
PCI Expressスロット PCI Express Gen2 X 16 フルサイズスロット
(ハーフレングス不可、ロープロファイル不可)
*グラフィックスカードを用いる場合はそのスロットとは別に本スロットが必要です。

構成品一覧

項目 仕様
ビデオキャプチャーボード アストロデザイン SDIフレームメモリボード
GG-167-M
リアルタイムMTF測定ソフトウェア DVD-Rに収録

オプション品

項目 仕様
OP-4030-1 チャート架台(チャートフォルダー+三脚)
OP-4030-2 MTFチャート/チャート架台用ケース
OP-4030-3 水平垂直共用チャート 一つ、又は複数のROIのエッジ分析用に使用
OP-4030-4  多方向エッジチャート(羽数 16) 多方向(16方向/8方向)のエッジ分析に使用
OP-4030-5  多方向エッジチャート(羽数 15) 多方向(14方向)のエッジ分析に使用

 

このページのTOPへ