生産・販売終了

※生産を終了致しました。「2016年01月」

製品概要

2016年実用化試験放送に先駆けて、8Kスーパーハイビジョン(8K SHV)のカメラヘッドが全貌を現します。
12.85cm(W)×12.5cm(H)×15.0cm(D)で重量2kgという超小型化を実現。
手のひらで容易にグリップできるCube型の筐体に、未体験の映像美を駆使するための次世代技術が凝縮されています。

特長

●NHKエンジニアリングシステムの3300万画素のイメージセンサーをベースに開発したフルスペック8Kカメラヘッドです
●駆動回路を約10cm角の筐体に内蔵することで、重量2kgという大幅な小型化を実現しました
●デジタルシネマ撮影などで実績のあるレンズとの組み合わせで多彩な映像表現が可能です
●さらなるリアリティが要求される各種中継映像やお天気カメラや水中撮影など、超高精細映像の可能性が拡がっていきます

仕様

AH-4800

センサー 2.5インチ型CMOS 3300万画素 60fps
(センサー開発:NHKエンジニアリングシステム)
解像度 水平:7680×垂直:4320
撮像方式 単板カラー(Bayer配列)
レンズマウント PLマウント
出力 12チャンネルパラレル光出力(SNAP12)
外形寸法 125(W)×125(H)×150(D)mm
重量 2kg(レンズ除く)
このページのTOPへ