製品概要

HDMI 1.4bの各機能を検査・測定が可能
4K×2K,3D,ARCを始め、HDCP/CEC/EDIDの計測に対応

特長

◆ HDMIの特定フォーマットの解析
◆ HDMI 300MHzに対応
4Kx2K/24p, 30pフォーマットの解析とジェネレート
◆ 3D、ARCをはじめ、HDCP、CEC、EDIDなどの各プロトコル計測
◆ CEC及びDDCラインキャプチャとログ取得
◆ 4種類の動作モードを搭載
<レシーバーモード>
HDMI各プロトコルおよびビデオタイミングの解析。
EDIDのコピー、編集でTV等シンク機器のエミュレート。
<リピーターモード>
SourceとSink機器間でAVアンプ等のリピータとして動作。接続したSink機器のEDIDのコピーも可能。
<スルーモード>
SourceとSink機器間のCEC、DDCの通信を直接確認し、ログを取得。
注)TMDS Clock 2.25Gbps (1080p/12bit) までの対応となります。
<ジェネレートモード>
HDMI信号発生器として、4Kx2Kや3DをはじめとしたEIA規格に対応した信号を出力。

最新ファームウェアの申し込み

お申し込みは、「こちらから」

このページのTOPへ