生産・販売終了

※2016年12月末日をもって生産・販売を終了 「詳しくはこちら」

製品概要

VA-1835は、医療系モニタやPC用グラフィックカード、プロジェクターなどに採用されているDisplayPortの各機能を、
検査・測定するプロトコルアナライザです。
フロントの液晶モニタと内蔵スピーカーで映像と音声を簡単に確認することができます。

特長

●Sink機器としてフロントの液晶モニタと内蔵スピーカーで映像
と音声を簡単に確認することができます。またVideo Timing、
Packet、AUXモニタリング等、Sorce機器とのプロトコルチェック
を行います。
●ビデオタイミング、Secondaryd Data Packet、AUX CH等の
LogをUSBメモリに保存することが可能です。またPCからの
コマンド制御により動作の自動化※1とANALYZEデータの
取り込みが可能です。

●VA-1835自体のEDID・DPCDを変更、編集することができるため、
様々なSink機器のエミュレートが可能です。
●信号発生器としてタイミングとパターンを内蔵していますので、
Sinkの検証にも使用できます。

※1 今後対応予定

仕様

VA-1835

Video

信号規格

VESA DisplayPort Standard ver.1.1a 準拠

測定精度 [pixel]

1単位

カラースペース

RGB/YCBCR 4:4:4、4:2:2 ※1

発色数 [bit]

6、8、10、12 ※1

DisplayPort
IN/OUT

Link Rate [Gbps]

RBR:1.62、HBR:2.7

Lane数

1、2、4

Pixel Clock [MHz]

25~330 ※2

H Total [dot]

300~2720

H Blanking [dot]

138~

V周期 [ms]

~60

V Total [line]

300~1646 Lines

V Sync [line]

4~

V Back Porch [line]

1~ (1/2×V Total Lines) Lines

Audio

DISPLAYPORT
IN/OUT

サンプリング周波数

32~192 (8ch) ※3

音声形式

L-PCM

Bit数 [bit]

16、20、24

AUX CH
support

 

 

 

DPCD

E-EDID

Ver.1.4

DDC/CI

DDC2B 対応

HDCP

Ver1.3

EDID ROM

電源OFF時

256byte(書き換え不可)

 

電源ON時

2kbyte

動作モード

Generate、Receive、Through ※4

一般仕様

電源電圧

AC100~240V

周波数

50Hz/60Hz

消費電力

50W MAX

動作温度範囲

5~40℃

動作湿度範囲

30~85%RH(結露なきこと)

外形寸法

340(W)×265(H)×150(D) mm (突起物含まず)

質量

約4kg

※1 発色数12bitは、カラースペースが YCBCR 4:2:2 選択時のみです。
※2 Pixel Clockが165MHz以上の信号を入力した場合、フロントLCDに表示されません。
※3 出力するビデオタイミングにより、制限があります。
※4 Through Mode時は、Pixel Clock が165MHz以下でのみ、使用可能です。

最新ファームウェアの申し込み

お申し込みは、「こちらから」

このページのTOPへ