製品概要

SP-5002-TERは、ARIB規格を始めAVC/H.264規格にまで対応し、ありとあらゆるテストストリームの 作成が可能な、ソフトウエアマルチプレクサ/シュミレータです。データ放送用コンテンツとして制作されるBMLデータやJPEG/PNG画像などのモノメ ディアなども簡単にTS変換することができるため、放送前のコンテンツ検証用ツールなどに威力を発揮します。もちろん、AVC/H.264規格の映像素材 もTS化が可能ですので、これから始まる1セグ放送用コンテンツの作成にもご利用頂くことができます。

特長

  • ● 1セグ放送(AVC/H.264規格)に対応
  • ● データ放送に対応したTS設定
    ・番組単位で設定
    ・コンテンツ/ローカルコンテンツ/カルーセル設定
    ・DDB/DIIパラメータ設定、送出頻度設定
  • ● データ毎の多彩なパラメータ設定
  • ● データ毎の任意時刻設定と送出時刻計算

ソフトウエア動作環境

  • ● Windows NT4.0/2000/XP
  • ● PentiumⅢ-1HHz以上(推奨)
  • ● メモリ512MB(推奨)

オプションツール

ARIB規格(ARIB STD-B24)に準拠したマルチパートファイルを生成・分解する事ができます。
既存のTSファイルをデータからビデオとオーディオのデータをフィルタし、ES(エレメンタリストリーム)のファイルを生成する事ができます。

このページのTOPへ