製品概要

「 日本テレビ放送網株式会社様 共同開発製品 」

高画質な4K映像を、地上デジタル放送(HD映像)などの番組制作で有効に利用することを目的とした装置です。
生放送での運用に堪えうるよう、1フレームでの遅延を実現します。

特長

・ 4K入力をHD解像度として出力
・ 低遅延(1フレーム)
・ 小型軽量(1Uハーフサイズ、2kg)
・ ブレ補正機能(オプション)
・ 豊富な出力設定
フルHD切り出し映像(最大5か所) / 回転映像 / 拡大/縮小映像 / 4K→HDプレビュー映像

使用実例

①スポーツの撮影や災害監視など
 

4Kカメラで撮影した広い映像領域の中から最大5か所のHD領域を切り出し可能です。
また、切り出した映像は拡大もしくは縮小して表示することも可能です。
 
②音楽番組やバラエティ番組
 

切り出したHD領域を回転させることが可能です。
回転速度を容易に変更でき、滑らかな回転を実現します。
また、回転用の器具も不要ですので、設備導入のコスト削減につながります。

仕様

ハードウェア仕様

ビデオ入力

インターフェース

3G-SDI×4ch

フォーマット

3840×2160/60p,59.94p  YCBCR 4:2:2
Level A/B, Square Division/2-sample interleave division両対応

ビデオ出力

インターフェース

HD-SDI×5ch

フォーマット

1920×1080/60i,59.94i YCBCR 4:2:2

 

1920×1080/60i,59.94i YCBCR 4:2:2
出力する情報は下記3点から選択可能です。
・ 回転&倍率可変出力×1系統
・ HD切り出し出力×4系統
・ 4K→HDプレビュー出力×1系統

外部同期

BB, 3値sync(入力)×1ch/BB, 3値sync(出力)×1ch

制御コマンド(RS-232C)

RS-232C×1ch

入出力ディレイ

1フレーム

 

一般仕様

電源電圧

DC10.5-17V

消費電力

35W MAX

動作温度範囲

0~40℃

動作湿度範囲

20~80%RH(結露なきこと)

外形寸法

210(W)×44(H)×200(D)mm(1Uハーフサイズ/突起物含まず)

質量

約2Kg

このページのTOPへ