製品概要

CX-5528Aは、TS over IP GatewayとしてIP網を利用したTS遠隔伝送に利用できるTSマルチプレクサです。
また、IPv4パケットをMPEG-2 TSに多重してDVB-ASI出力する、IPカプセル化も可能。
TSの入力は最大で4系統。
もちろん通常のTSマルチプレクサとしての利用も可能です。

特長

● 1Uハーフラックサイズのコンパクト設計
● TS(DVB-ASI)入力4系統、出力2系統(分配)
● TS入出力ビットレートは最大216Mbps
● DVB-ASI入力において、Reed-Solomon符号による誤り証正・誤り検出の変更可能
● ASI入力ボード毎にPIDフィルタ、PID付替が可能(リアルタイムに設定可能)
● ASI入力ボード毎にMUX優先度を設定可能
● レート変換によるPCRジッタを補正
● 外部同期クロックを入力可能
● RTP/UDP/IPv4(IPv6)プロトコルによるMPEG-2 TS over IP送受信機能
● FEC(Pro-MPEG Cop#3/SMPTE2022)の送受信にも対応
● IP encapsulation機能(MPE,ULE)

仕様

CX-5528A

TS入力ポート数

4ポート(DVB-ASI)

TS入力ビットレート

10Kbps~216Mbps(各ポート)

TS出力ポート数

2ポート分配出力(DVB-ASI)

TS出力ビットレート

10Kbps~216Mbps

外部CLK入力

1KHz~70MHz(75Ω終端)

LANポート

2(TS伝送用×1、制御用×1)

アラーム

リレー接点

一般仕様

電源電圧

DC12V(10~18V対応)ACアダプタ(100~240V)付属

消費電力

約25W(MAX)

動作温度範囲

5~40℃(結露無きこと)

動作湿度範囲

40~80%RH(結露無きこと)

外形寸法

210(W)×44(H)×350(D)mm(1Uハーフサイズ:突起物を含まず)

重量

約2Kg

※CX-5528Aは、CX-5528の接点アラーム出力の仕様変更に伴い、
型番が変更になりました。その他の機能・仕様については、変更ございません。

<変更箇所>
リレー接点電源OFF時の動作
CX-5528:オープン
CX-5528A:クローズ

このページのTOPへ