製品概要

8K(SHV)/4Kの伝送方式として標準化されたMMT(※1)多重化方式のストリームを収録・再生する装置です。
MMTストリーム再生時には、時刻情報やアドレス情報の付替えが可能です。また、MMTストリームの簡易的な
構造解析機能を持ち、制御情報の階層構造表示や、データの周期・ビットレートの確認も可能です。

特長

収録機能
・入力IPパケットデータをイーサネットフレーム単位で収録
・収録入力IPデータフロー(※2)のフィルタリングが可能
・内蔵SSD(256GB)に200Mbpsのストリームを約3時間収録

再生機能
・収録時のタイムスタンプに従ってストリーム再生が可能
・ストリーム中の時刻情報をリアルタイムで付け替えて再生が可能
・送信元・宛先のIPアドレス・MACアドレスを付け替えて再生が可能

解析機能
・TLV/IP・MMT/IP・MMTPパケットの解析表示、周期・ビットレートの測定
・制御情報の階層構造表示
・ジッタの測定

本体機能
・2Uハーフラックサイズで持ち運びが容易
・外部NTPサーバーとの通信で内部時計を補正
・USBメモリーによる素材交換(ファイルの読出し・書込み)

仕様

IP/LAN

RJ-45(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)
IPv4/v6対応

同期信号入力

BNC 5MHz/10MHz

汎用入出力

D-Sub 9ピン(メス)

USB

USB2.0 TypeA

内蔵SSD容量

256GB

電源電圧

DC24V AC/DCアダプター付属(AC100-240V)

外形寸法

88(H)mm×210(W)mm×310(D)mm
2Uハーフ(:突起物含まず)

動作温度範囲

5~40℃

動作湿度範囲

20~80%RH(結露無きこと)


※1:MMT:MPEG Media Transport。MPEG-2 Transport Streamに続く次世代のメディア伝送規格(ISO/IEC23008-1)として
標準化された。
※2:IPデータフロー:IPヘッダ及びUDPヘッダの、送信元IPアドレス・宛先IPアドレス・送信元ポート番号・宛先ポート番号・
IPバージョンの5つのフィールドの値が全て同じであるIPパケットの集合。

このページのTOPへ