ディスプレイ技術

有機ELや液晶などのディスプレイデバイスは、2Kから4K、さらに8Kへの解像度の向上をはじめ、明るさやコントラストなど、めざましい進化を遂げています。それに伴い、品質や性能の評価基準、手法も新しいものが求められます。
アストロデザインのプログラマブルビデオ信号発生器は、1977年の創業当時から多くのお客様にお使いいただいております。PC用ディスプレイの検査用途からスタートした信号発生器は、映像技術の発展と共に常にお客様が求める最先端の技術を搭載することで、現在ではディスプレイの検査用途はもちろんのこと、その使用用途は幅広く多岐にわたっています。
アストロデザインでは、ビデオ信号発生器のパイオニアとしてお客様の研究開発から生産まで一貫してサポートをしております。

信号発生器ラインアップ

下記にある通り、アストロデザインの信号発生器は、様々な用途でお使い頂けます。基準信号源として最新のIFを搭載する取組みを行っております。お客様からのご要望も随時お受けしております。

TV・PJ用セット開発、リピータ向け

ex:)映像・音声出力確認、動画特性評価、画質評価、解像度切替、EDID/CECの確認。HDMI/HDCP認証等
VG-876 + VM-1876-M8

VG-876 + VM-1876-M8

液晶パネル、LSI開発向け

ex:)映像確認、動画特性評価、画質評価、点灯確認、輝度測定等
VG-876 + VM-1876-M2

VG-876 + VM-1876-M2

3G-SDI対応ビデオ信号発生器

VG-876 + VM-1876-MX

VG-876 + VM-1876-MX

3G-SDI対応ビデオ信号発生器

VG-876 + VM-1876-MX

BT.2020評価コンテンツ

VT-7007

VT-7007

4K8K HDR評価コンテンツ

VT-7009

このページのTOPへ