カメラシステム

放送映像制作には、スタジオや中継先などにおける、ライブ映像を伝送して直接編集するものと、ドラマやCMなど、撮りためた映像を、後日時間を取って編集し完成させるものと、2種類の方法があります。
アストロデザインの8Kカメラシステムは、このようなスタイルの違いに対応した最適なシステムを構築することができます。

ライブシステム~光伝送装置で屋外撮影にも対応

8KカメラヘッドAH-4801-Bから出力された信号は、光送信装置AT-4803で伝送用光信号に変換、専用光ケーブルでスタジオサブや中継車などのオペレーション卓に送られ、光受信装置AR-4804を経由してCCUに入力されます。
スタジオ、競技場、その他中継など、あらゆるシーンでさまざまな8K映像を撮影することができます。

収録システム~専用レコーダとドッキングしてENGスタイルに

小型8KレコーダHR-7516は、8KカメラヘッドAH-4801-Bの専用レコーダです。どちらもほぼ同じサイズ、形状の外観で、ポータブルな8K収録システムを構築します。
収録はロケ現場で、編集は持ち帰って行うスタイルで、ドラマやドキュメンタリー制作などに最適です。
また、カメラアシストに最適なOLED採用の高精細ビューファインダDF-3515も、8K映像制作をサポートします。

製品紹介

  • AH-4801-B
    AH-4801-B
    8K カメラヘッド
  • HR-7516
    HR-7516
    8K RAWレコーダ
このページのTOPへ