次世代放送技術

現在、放送技術を取り巻く環境には、大きくふたつの流れがあります。
ひとつは、HDRをはじめとする映像制作エコシステムの変化にどう対応していくか、もうひとつは、伝送路の簡素化とコストダウンにつながるIP化への動きです。
加えて、8Kと4K/2Kなど、異なる解像度どうしのスムーズな橋渡しも、取り組むべき課題のひとつと言えます。
放送制作の現場であるスタジオ、中継車、などの設備更新の際に考慮すべきこれらの課題に対して、アストロデザインではお客様の要求に合わせた製品、提案をしてまいります

HDR

HDRとひとことで言っても、撮影、編集、上映など、映像制作フローのどの部分に関わるかによって、作り方、見方が変わってきます。カメラのHDRをディスプレイのHDRに受け渡すには、カメラやディスプレイの種類や性能、また目的によって適切な信号処理の仕方が変わってきます。
こういったさまざまなニーズに対応し、かつできるだけ安いコストでシステムを実現するには、あらゆる方式に1台で対応する機材が求められます。
アストロデザインでは、新たに開発しました4KコンバータボードSB-4024をはじめ、波形モニタ、ビューファインダなど、HDR映像制作に必要な製品を各種ご提供しています。

アストロデザインではこれからも、変化を続ける放送制作の現場のお役に立てる機材の開発を進めて、お客様のニーズに応えてまいります。

製品紹介

  • SB-4024
    SB-4024
    4Kコンバータボード
  • HD-1678
    HD-1678
    HDTVインサータ
  • GG-167-4K/-HD
    GG-167-4K/-HD
    4Kフレームメモリボード
このページのTOPへ